建物の移動工事(曳家)、建物沈下修正工事、建物の傾り修正工事 株式会社山本組 TOPプライバシーポリシーサイトマップお問い合わせ
建物の移動工事曳家について曳家工事の流れ曳家工事Q&A建物沈下修正工事建物の傾り修正工事施工実例集山本組の歴史会社概要
家を移動するといっても建物の条件は様々。これまでの施工例をご紹介します。


 土蔵というのは特殊木造という扱いになります。
特長はドロ壁で、屋根からぐるり被われていて大変重たいという事、屋根は置き屋根といって屋根の出幅も大きく、石の上にポンと乗っているだけです。
ですから、頭でっかちの不安定な建物として曳家物件としては難しい建物の一つです。 曳家工事の単価も木造住宅に比べ3割程高くつきます。



木造2階建土蔵曳移動状況 1

←施工実例集INDEX に戻る


 
   
   土蔵の移動状況。
   
   スエ付いた所。

木造2階建土蔵曳移動状況 2
 
 仕組作業が終わった所。    ジャッキアップをしている所。
高低差を見て下さい。サイコロ2段+枕木、
奥に写っている擁壁からみて1.8m位の段差です。

木造2階建土蔵曳移動状況 3
 
 田を200m移動して空き地の上にのった所です。    

木造2階建土蔵曳移動状況 4
 
 随分昔になりますが、婦中町轡田地内、現在の富山県中央植物園にかかりまして、倉庫、車庫、土蔵を移動した時の写真です。
曳長が200mありましたので、3棟いっぺんにH鋼の上に乗せ連結した所です。
  3棟いっぺんに移動している所です。


←施工実例集INDEX に戻る



TOPプライバシーポリシーサイトマップお問い合わせ
建物の移動工事 曳家について曳家工事の流れ曳家工事Q&A建物沈下修正工事 建物の傾り修正工事施工実例集山本組の歴史会社概要

日本曳家協会会員 富山県鳶土工工業協同組合会員  富山県知事許可第12684号
株式会社 山本組 富山県富山市布瀬町南3丁目1-10  TEL.076-424-7426 FAX.076-421-7093 MAIL.hikiya@yamamoto-gumi.jp
Copyright 2007 YAMAMOTOGUMI Co.,Ltd. All Rights Reserved.

※このサイトをご覧になるには、最新のmacromedia Flash Playerが必要です。