建物の移動工事(曳家)、建物沈下修正工事、建物の傾り修正工事 株式会社山本組 TOPプライバシーポリシーサイトマップお問い合わせ
建物の移動工事曳家について曳家工事の流れ曳家工事Q&A建物沈下修正工事建物の傾り修正工事施工実例集山本組の歴史会社概要
家を移動するといっても建物の条件は様々。これまでの施工例をご紹介します。


この現場は重ね基礎の現場でした。
重ね基礎というのは、移動前と移動後が重なる場合の事です。



木造2階建住宅曳移動工程

←施工実例集INDEX に戻る


 この現場は重ね基礎の現場でした。重ね基礎というのは、移動前と移動後が重なる場合の事です。

 ジャッキ・アップ作業中。
   
   基礎工事のベタ打、コンクリをした所です。
   
   新しい基礎が完了した所です。
   
   スエ付ける直前の様子です。


重ね基礎の場合、2通りの施工方法があります。
●1つは、空き地があれば、一旦横に曳き出して基礎終了後に曳戻す方法。
●もう1つは曳出す空き地がない場合、その場で建物を高く持ち上げて仮受し、基礎終了後に移動、スエ付けをする方法です。

 この現場は前者の横へ曳出して曳き戻した現場でした。
また、後者の様に高く建物を持ち上げて基礎を作るという例もたくさんあります。持ち上げるといっても3m、4m持ち上げる訳ではありません。せいぜい1m〜1.5m位です。
建物の下で基礎を作る訳ですから重機が使えなかったり、基礎工事には大変手間がかかるという事です。


←施工実例集INDEX に戻る



TOPプライバシーポリシーサイトマップお問い合わせ
建物の移動工事 曳家について曳家工事の流れ曳家工事Q&A建物沈下修正工事 建物の傾り修正工事施工実例集山本組の歴史会社概要

日本曳家協会会員 富山県鳶土工工業協同組合会員  富山県知事許可第12684号
株式会社 山本組 富山県富山市布瀬町南3丁目1-10  TEL.076-424-7426 FAX.076-421-7093 MAIL.hikiya@yamamoto-gumi.jp
Copyright 2007 YAMAMOTOGUMI Co.,Ltd. All Rights Reserved.

※このサイトをご覧になるには、最新のmacromedia Flash Playerが必要です。